鳳梧洞戰役

鳳梧洞戰役の評価 3.0点

鳳梧洞戰役のあらすじ

1920年朝鮮半島は日本が統治していた。この頃、各地で独立軍が日本軍に対して戦いを起こしていたのである。それは中国各地にも及んでいた。日本軍安川少佐は中国東北部の村・鳳梧洞(ポンオドン)で反乱が起きているという情報を掴む。安川少佐率いる日本軍は直ちに鳳梧洞に向かう。だが独立軍はその動きを全て察知していた。鳳梧洞は別名死の谷と呼ばれている。日本軍は独立軍におびき寄せられ罠にかかってしまう。罠にかかり日本軍の兵は多くが負傷する。作戦失敗を聞いた安川少佐は激怒。「一人残らず皆殺しにしろ」と叫ぶのであった。

鳳梧洞戰役のイントロダクション

中国の小さな村・鳳梧洞で起きた日本軍と独立軍の戦いの様子を描いている。この地は韓国独立軍が最初に日本軍に勝利した場所だ。ウォン・シニョン監督は日本軍人は日本人俳優が演技すべきと考え北村一輝や池内博之らにオファーした。

鳳梧洞戰役のキャスト

安川少佐…北村一輝 

鳳梧洞戰役のスタッフ

監督…ウォン・シニョン監督

鳳梧洞戰役のデータ

韓国公開日:2019年8月7日

鳳梧洞戰役の予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
『鳳梧洞戦闘』は三・一独立運動から100年に当たる2019年に公開されました。北村一輝、池内博之、醍醐虎汰朗ら3人の日本人俳優が出演しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA