タクシー運転手 約束は海を越えて

タクシー運転手 約束は海を越えての評価 4.0点

タクシー運転手 約束は海を越えてのあらすじ

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』は、1980年に起きた民主化を求める光州事件を題材にして作られた韓国映画。
2017年8月2日に韓国で公開され、日本公開は2018年4月21日である。
韓国では動員1200万人を突破した人気映画の一つとなった。
この頃光州では、学生達を中心に民主化を求めるデモが起きていた。デモは拡大し、戒厳軍と銃撃戦になるなど激しさを増していた。
タクシー運転手であるキム・マンソプ(ソン・ガンホ)は、「通行禁止時間までに光州に行ったら10万ウォン支払う」というドイツ人記者・ピーターをタクシーに乗せる。
10万ウォンが欲しいマンソプは、検問を切り抜け、光州を目指す。
何とか光州にたどり着いたマンソプであったが、そこで軍が民衆に暴虐を振るう場面を目にする。
市民が銃弾に倒れ、この場所にいることに危険を感じるマンソプ。ピーターは危険を気にすることなく、記録を取り続けることに夢中になっていた。
地方都市に住む人々が民主化を求めて必死で戦う姿が心を打つ。

タクシー運転手 約束は海を越えてのイントロダクション

韓国現代史に語り継がれる光州事件。
この日には、真実に隠されたもう1つの真実があった。
平凡なタクシー運転手とドイツ人記者がこの事件に隠された真実を紐解いていく。

キャスト

キム・マンソプ…ソン・ガンホ 
ウィルゲン・ヒンツペター(ドイツ記者)…Thomas Kretschmann  
ファン・テスル…ユ・ヘジン      
ク・ジェシク…リュ・ジュニョル 
チェ記者…パク・ヒョックォン   

スタッフ

監督…チャン・フン
脚本…オム・ユナ
撮影…コ・ラクソン(C.G.K)

データ

公開日:2018年4月21日
上映時間:137分
配給:ザ・ランプ(株)
ホームページ:http://www.cinemart.co.jp/theater/special/kaerusyounen/

光州事件とは?

1980年5月18日から27日にかけて韓国の光州市を中心に起きた民衆の反政府デモ。
5月17日の全斗煥らのクーデターと金大中らの逮捕をきっかけとして、抗議する学生デモが発生。
デモ参加者は20万人に拡大し、光州市のみならず、全羅南道一帯に拡がった。
デモは治まらず、軍が市民に対して銃弾を浴びせるまでの事態に発展する。

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
最近の韓国では民主化モノの映画が増えていますね。ムン・ジェイン(文在寅)政権の影響でしょうか? 映画の物語構造としては本作に限らずちょっとズルいくらい面白くしやすい構成になっているかと思います

タクシー運転手 約束は海を越えてをYouTubeで観る

タクシー運転手 約束は海を越えてを買う