密偵

密偵の評価 3.5点

密偵のあらすじ

舞台は1920年代の日本が統治する朝鮮半島。朝鮮人出身だが親日を選択し、日本警察官であるイ・ジュンチュル(ソン・ガンホ)。イ・ジュンチュルは、武装独立団体「義烈団(ウィヨルダン)」を「監視しろ」という命令を受ける。義烈団のリーダーのキム・ウジン(コン・ユ)に近づくジュンチュル。秘密裏で義烈団は、日本の施設を爆弾で破壊する計画を進めているのであった。日本警察は、義烈団を追いかけ上海へ向かう。その頃計画通りに、爆弾を乗せた列車が京城へ向かっていた。

密偵のイントロダクション

韓国映画史上に残る秘密諜報サスペンス。日本統治時代の1920年代の朝鮮半島で、独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と日本警察の攻防を描く。2016年に韓国で公開されると、わずか公開21日で、観客動員750万人を突破。韓国映画界のヒットメーカー、キム・ジウン監督の作品だ。日本警察の総督府警務局部長役で、鶴見辰吾が出演している。

管理人のちょっと一言

セブランス
セブランス
それなりに楽しく観ました。植民地時代をテーマにするとどうしても面白くしやすい(物語構造が作りやすい)ので、多少食傷気味ではありましたが、ハラハラしながら観れました。歴史は後付けというか勝者の歴史なので、この時代を生きていた人たちの判断は今からは計れません。どっちにつくのが正しかったかというのは結果論でしかない。そういう意味では「自分だったらどうするか?」という視点で見るとまた見え方が違ってくるかもしれません。

密偵のキャスト

イ・ジョンチュル…ソン・ガンホ 
キム・ウジン…コン・ユ 
ヨン・ゲスン…ハン・ジミン        
橋本警部…オム・テグ     
東部長…鶴見辰吾    

密偵のスタッフ

監督・脚本…キム・ジウン 
助監督…イ・ボムソク
撮影…キム・ジヨン(C.G.K)

密偵のデータ

公開日:2017年11月11日
上映時間:140分
配給:TCエンタテインメント
ホームページ:http://www.cinemart.co.jp/theater/special/kaerusyounen/

義烈団とは?

1919年11月10日に、独立運動家の黃尙奎らの指導によって、金元鳳、郭在驥らを中心に結成された抗日武装秘密結社。名前の由来は、正義と猛烈を朝鮮独立精神の基軸に置くから来ている。主義に、「日本帝国主義の心臓部に弾丸を撃ち込む」を掲げている。上海や北京で手榴弾を密造し、爆弾テロを引き起こした。最盛期には、2000人の団員がいたと言われている。

密偵をYouTubeで観る

密偵をAmazonで買う

密偵 [DVD]
密偵 [DVD]

posted with amazlet at 18.06.04
TCエンタテインメント (2018-04-04)
売り上げランキング: 4,292