2015年公開の韓国映画まとめ

朝鮮魔術師 2015年12月30日公開

ユ・スンホ、コ・アラが織りなすファンタジックストーリー。身分が違う二人の恋は、果たして成就するのだろうか?

【あらすじ】ユ・スンホが除隊後に主演した映画作品。天才魔術師として人気を得ていたファニがいた。ある日ファニは、崖から身を投げようとしている女性を助ける。その女性は、朝鮮の王女チャンミンであった。チャンミンは政略結婚のために、間もなく清国に送られようとしていた。ファニとチャンミンはお互いの身分を知らぬまま、互いに惹かれあっていく。だが魔術師と王女は、あまりにも身分が違いすぎるため、決して結ばれることのない運命だ。やがて、ファニに恨みを持つ魔術師クィモルがやって来る・・・。

ヒマラヤ  2015年12月16日公開

登山家オム・ホンギルの 伝説的な実話を映画化した。キャストもヒマラヤ、モンブランでの危険なロケーション撮影を行うなど、この作品への意気込みが伺える。臨場感溢れるリアルな映像に仕上がっている。

【あらすじ】世界最高峰の山ヒマラヤ。海抜は8,750メートル、登山者たちにはデスゾーンと呼ばれている領域だ。登山家オム・ホンギルはヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した後、現役を引退し、山に登ることはなくなっていた。そんな中、ホンギルの後輩であるムテクがエベレスト登山に挑戦し、雪崩に遭い、遭難してしまう。ムテクの家族は、遺体のない悲しい葬儀をあげるしかなかったのである。ホンギルは、後輩の遺体を見つけ、家族の元に帰すべく、「ヒューマン遠征隊」を結成し、エベレストに登ることを決意する。

隻眼の虎 2015年12月16日公開

朝鮮の最後の虎と人間の死闘を描いた歴史映画。高官役で大杉 漣が参加するなど、日韓の俳優が共演している。韓国映画界の鬼才と言われているパク・フンジョン監督の作品だ。

【あらすじ】舞台は日本統治下の朝鮮で、1925年。伝説の名猟師と名を馳せていたチョン・マンドクは、ある事件をきっかけに猟師を止め、息子ソクと静かに暮らしていた。その頃、日本軍は智異山の”山の神”や”朝鮮虎の王様”と言われている大虎を捕まえようとした。だが相手は大虎、簡単には捕まえることは出来ず、命を落とす者がいた。日本高官の前園は、冬になり、狩りが出来なくなる前に朝鮮の最高の戦利品である大虎を手に入れようと考えていた。前園は最後の手段として、大虎を捕まえるためにマンドクの手を借りようとする。

ワンナイト・カップル 2015年12月3日公開

恋人に振られるという似た状況の男女。そのショックを振り払うべく、一夜を共にしていく。ところが次第に、気になる関係になっていく。

【あらすじ】恋人に振られるという似た状況の男女。そのショックを振り払うべく、一夜を共にしていく。ところが次第に、気になる関係になっていく。元恋人の結婚式場で出会ったジョンフンとシフ。二人は失恋したという同じ悩みを抱えていた。その場の勢いで、二人は一夜を共にする。シフは「コーヒースタンプ券のポイントが10個になるまで関係を続けよう」とジョンフンに言う。その後も二人は関係を続け、間もなくスタンプが10個になろうとしていた・・・。

インサイダーズ 内部者たち 2015年11月19日公開

国家を揺るがしている巨大な腐敗権力。裏金事件を巡って、究極の頭脳戦が展開されていく。最後に勝つのは一体誰なのか?

【あらすじ】有力大統領候補のために、様々な悪事を行ってきたヤクザのアン・サング。これを企てていたのは、策士と呼ばれているガンヒだ。ある日、サングは裏金ファイルの証拠をつかみ、ガンヒを脅す。しかし、ガンヒはサングを襲い、暴行を加えるのであった。検事のウ・ジャンフンは、サングに裏金ファイルをつかまれてしまったため、捜査を進めることができないでいた。サングは左遷されるという憂き目に遭うが、サングを追いつめる事を諦めてはいなかったのである。

プリースト 悪魔を葬る者 2015年11月5日公開

事故に遭い、不可解な症状が出るようになってしまった少女。“悪魔祓い”を執り行うと宣言した神父と補助司祭。魔物と化した少女を救うことができるのか?

【あらすじ】ヨンシンはソウルで、ひき逃げ事故に遭ってしまう。その後彼女は、昏睡状態になり、原因不明の症状に苦しめられるようになった。キム神父は、ヨンシンが悪霊に取り憑かれていると言い、悪霊を追い払う儀式を行うことを決める。この儀式にはもう一人、条件に合う補助司祭が必要であるという。それに選ばれたのは、神学生のアガトであった。症状が悪化し、ついに魔物へと変化してしまうヨンシン。ついに、キム神父とアガトは儀式を行う。

あいつだ 2015年10月28日公開

妹を殺されてしまった男。犯人だと思われる男を見つけると、追い詰めていく。果たして、本当にこの男が犯人なのか?

【あらすじ】俳優チュウォン主演の実際に起きた事件をモチーフにしたスリラー映画。ジャンウは妹のウンジと漁村で暮らしている。ある日、ウンジが姿を消してしまう。その後、ウンジは遺体で発見される。悲しみにくれるジャンウ。ジャンウは、辺りをうろつく不審な男がいることに気づく。ジャンウはその男が犯人であると感じ、追跡し始める。やがて、謎めいた薬剤師ミン出会う。

殺人の輪廻 2015年10月15日公開

殺人犯を父に持ち身寄りのない娘。その娘を育てる刑事、婚約者を殺人犯に殺された男を中心にストーリーが展開する。会ってはならない三人が出会った時、運命の歯車が狂い出す。

【あらすじ】ドライブ中に彼女とケンカをしてしまうチョンウ。車から彼女を降ろしたことを反省したチョンウは彼女に謝ろうとする。しかし、彼女を降ろした場所には誰もいなかった。その後、彼女は殺人鬼によって殺されてしまい、死体となって発見される。彼女が殺されたのは自分のせいだと責めるチョンウ。犯人は逮捕されたが、チョンウは密かに復讐を誓う。10年後、犯人の娘ジョンヒョンには身寄りがいなかった。犯人を検挙したイ・サンウォン刑事がジョンヒョンを育てていくことになる。やがて、チョンウが担任としてジョンヒョンの前に現れる。

西部戦線1953 2015年9月24日公開

間もなく朝鮮戦争が休戦になる1953年。韓国軍の兵士と北朝鮮の兵士が孤立無援の戦場で出会う。二人にはそれぞれ、成し遂げなければならない任務があった。

【あらすじ】1953年、朝鮮戦争が始まって3年が経過していた。韓国軍伝令隊のナムボクは、軍事機密文書を前線基地に届けるという命令を受ける。文書を届けている途中で、カバンを置き忘れてしまうナムボク。そのカバンを拾ったのは、北朝鮮軍の新人兵ヨングァンであった。カバンをヨングァンが持っているのを見かけたナムボクは、その後を追いかける。機密文書をなくしたということになれば銃殺されてしまうナムボク。一方、ヨングァンは戦車を引っ張って北に戻らなければ、銃殺されてしまうのであった。それぞれの任務を抱えた二人は、最後まで任務を遂行することができるのだろうか?

探偵なふたり 2015年9月24日公開

クォン・サンウがシャーロックホームズ並みの推理力を持つ漫画喫茶の店長をコミカルに熱演。感情むき出しの刑事を演じるのはソン・ドンイル。二人のデコボココンビに注目だ。

【あらすじ】漫画喫茶の店長として働くデマン。だが彼にはもう一つの顔があった。未解決殺人事件サイトを運営する有名ブロガーなのだ。デマンは推理力にも優れ、警察の捜査に顔を出すこともしばしばある。ノ・テス刑事は、デマンのこのような行動を気にいらなかった。そんな中、デマンの友人であるジュンス刑事が殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。デマンはジュンス刑事の冤罪を晴らすべく行動し始める。

王の運命 -歴史を変えた八日間 2015年9月16日公開

18世紀の朝鮮王朝の王である英祖と息子世子の確執を描いている。王と息子の間には嫉妬が芽生え世子を米びつに閉じ込め餓死させるまでに至ってしまう。主演の英祖(ヨンジョ)はソン・ガンホ、サドセジャ(思悼世子)はユ・アインが演じている。

【あらすじ】朝鮮王朝第21代国王である英祖(ヨンジョ)。英祖(ヨンジョ)は跡継ぎの誕生を待ちわびていた。40歳を過ぎてようやく、息子・世子が生まれる。世子を立派な王に育てようと考える英祖。だが意に反して、世子は自由奔放に育っていく。そんな世子を英祖は次第に気にいらなくなっていく。次第に英祖と世子は衝突するようになる。ついに、二人の間に亀裂が生じ英祖は世子を米びつに閉じ込めてしまうのであった。

ザ・テノール 真実の物語 2015年9月7日公開

アジア人テノール歌手が甲状腺ガンで声を失うが再び美声を取り戻すために奮闘する様子を描いた感動ストーリー。主演のテノール歌手をユ・ジテが演じている。共演の音楽プロデューサー役は人気日本人俳優伊勢谷友介が熱演した。

【あらすじ】世界が認めたアジア人テノール歌手ベー・チェチョルがいた。チェチョルの評価は高くヨーロッパの劇場で引っ張りだこになっている。ある日、チェチョルは自分の声が出なくなっていることに気付く。病院で診断してもらうと甲状腺ガンと宣告される。声がこれから出ないという現実を受け入れることができずチェチョルは動揺してしまう。自暴自爆になりかけていたチェチョルの前に、音楽プロデューサー沢田が現れる。沢田はチェチョルの声を高く評価していた。沢田はチェチョルに手術を受けることを提案する。手術が失敗すると二度と声がでなくなることに戸惑うチェチョル。しかし、チェチョルは自分の声を取り戻すため手術を受けることを選択する。

オフィス 檻の中の群狼 2015年9月3日公開

勤勉なサラリーマン課長が一家殺人事件を起こす。課長は行方をくらまして、同僚たちは不安に陥る。会社という場所が一気に恐怖の場所に変わっていくのであった。

【あらすじ】真面目で評判だったキム・ビョングク課長がある日、自分の家族を全員殺害し、失踪してしまう。事件を担当することになったチェ刑事は、会社の同僚たちに聞き込みをするが、何か隠している様子であった。そんな中、キムとインターンのミレが親密な関係であった事が分かる。チェ刑事は、キム課長が事件の日、駐車場に入っていく防犯カメラ映像を手に入れる。しかし、キム課長が会社から出た映像を見つけることはできなかった。キム課長がまだ会社の中に潜んでいるなどの怪情報まで出回り、事件は謎を究めていく。

ミスワイフ 2015年8月13日公開

ブランド好きの独身敏腕弁護士が生き返り後、子持ちの主婦になってしまう。突然の主婦生活に慣れるはずもなく悪戦苦闘していく。主演は実力派女優のオム・ヨンヘ。共演の妻を見守る夫役をソン・スンホンが演じている。

【あらすじ】勝訴率100%を誇り優雅な暮らしを送っている独身敏腕弁護士のヨヌ。ある日、ヨヌは自分が運転する車で交通事故に遭い死んでしまう。ヨヌの前に現れたのは天界中継所のイ所長だ。イ所長から人生をやり直したいと望むなら、他人の人生を一ヶ月間過ごさないといけないと言われる。現世にやり残したことがあるヨヌは即座にその条件を受け入れることにした。

ヨヌは目を覚ますと、2人の子持ちの主婦になっていた。いきなり家事洗濯や主婦としての日常をこなさなければならなくなったことに戸惑うヨヌ。言うことを聞かない子供たちや町内のおしゃべりママたちとの井戸端会議などこれまでのヨヌの生活からはどれもありえないものばかりであった。

暗殺  2015年7月22日公開

スナイパー、密偵、殺し屋のそれぞれの思惑が交錯していくアクション映画。暗殺計画を巡って仕掛けられた罠。計画を実行することは可能なのか!? 植民地時代の、大韓民国臨時政府による親日派暗殺作戦をテーマにした映画。 1932年3月の朝鮮総督・日本陸軍大将宇垣一成暗殺作戦がモチーフとなっている。

【あらすじ】『猟奇的な彼女』で人気女優となったチョン・ジヒョンがスナイパー役を演じるサスペンスアクション映画。1933年、日本統治下の朝鮮。韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するために、独立軍最高のスナイパーと言われているアン・オギュンに命令が下る。一方、日本政府の密偵であるヨム・ソクチンはオギュンと暗殺するために、殺し屋に依頼をしていた。オギュンは命令を実行するために、京城(現ソウル)に入ると・・・。

ノーザン・リミット・ライン 南北海戦  2015年6月24日公開

韓国と北朝鮮の間で起きた第2延坪海戦(だいにヨンピョンかいせん)をモチーフにしている。日韓W杯で盛り上がる最中に、北朝鮮の警備艇が領海侵犯を犯す。攻撃された韓国軍の壮絶な撃ち合いが描かれている。

【あらすじ】2002年6月、韓国は日韓W杯で盛り上がっていた。だがその裏で北朝鮮の警備艇が領海侵犯を犯していたのである。警備をしていた韓国軍357号艇は奇襲攻撃を受けてしまう。ユン艇長は交戦体制に入るが、敵の砲撃によって形勢は不利な状況となる。必ず生きて帰ると結束するユン艇長たちであったが・・・。

極秘捜査  2015年6月18日公開

釜山で起きた小学生の女の子の誘拐事件。刑事と占い師が犯人を追い詰める。予想外のストーリーが展開されていく。

【あらすじ】1978年、釜山で帰宅途中の女の子が誘拐される事件が起きる。両親からの要請で、警察は極秘捜査で進めて行くことになる。事件を担当することになったコン・ギリョン刑事は、誘拐事件後、犯人からの連絡はなく手がかりをつかめないでいた。女の子の両親は占い師に相談するが、女の子は既に死んでいると言われ、ショックを受ける。更に占い師のキム・ジュンサンに相談すると、今度は犯人からは15日目に連絡があると告げられる。15日後、ジュンサンの言うとおり、犯人から連絡がある。コン刑事は、ジュンサンと共に捜査を進めて行くが、事件の進展は難航していた。

京城学校:消えた少女たち  2015年6月18日公開

全寮制の女子校で起きていた謎の失踪事件の真相が明かされるミステリアス。ヒロインのジュラン(静子)役は『過速スキャンダル』で人気女優となったパク・ボヨンだ。イ・ヘヨン監督が1930年代の寄宿学校を舞台にした耽美系ホラーを作り上げた。

【あらすじ】1938年日本統治時代、ソウル郊外に病気療養中の生徒が通う全寮制女子校があった。ある日、チャ・ジュラン(静子)がこの学校にやって来る。クラスメイトに挨拶をするジュラン。先生はみんな仲良くというがどこか冷たい感じがするのを感じ取るジュラン。級長のヨンドク(和恵)はジュランのことを色々と気にかけてくれている。体力のある生徒2人を東京に留学させるということが決まりジュランは日本に行きたいと思うようになった。ジュランが学校生活に慣れてきた頃、彼女はこの学校から消えた生徒がいた事を知ってしまう。

悪のクロニクル  2015年5月14日公開

一人の刑事が、誤って殺人を犯してしまう。事件を隠蔽するため、同僚でさえも欺いていく。ところが、自らを罠にはめるような事態が発生する。

【あらすじ】全てが順調で、昇進を目前にしていたチェ課長。祝宴の帰りにタクシーに乗ると、どこか怪しげな場所に連れていかれてしまう。運転手との乱闘の後、チェ課長は誤って運転手を殺してしまうのであった。慌ててその場を立ち去るチェ課長。しかし翌日、運転手の死体が工事現場に吊されているのが発見される。自分が犯した事件を担当することになったチェ課長。チェ課長は事件を隠蔽するために動いていくが、不可思議な出来事が次々と起こっていく・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA