軍艦島

軍艦島の評価 4.5点

軍艦島の予告編

軍艦島のあらすじ

1945年、第二次世界大戦は激しさを増していた。カンオクは京城で楽団のリーダーを務めている。戦況が激しくなるに伴い、楽団の活動が減っていた。楽団の活動が厳しくなってきたため、カンオクは日本で活動しようと決意する。カンオクはバンドメンバーと共に日本行きの船に乗る。下関港に着いたカンオクたちは、到着するやいなや列車に乗せられ、また船に乗せられてしまう。船がついた場所は長崎県沖の端島(軍艦島)であった。島に着くと、カンオクは憲兵によって時計など持ち物を全部取られてしまうのであった。娘のソヒは裸にさせられ身体検査をされる。この島では朝鮮人が強制労働させられていたのであった。

軍艦島のイントロダクション

日本統治時代の軍艦島と呼ばれる島で強制労働させられていた朝鮮人が脱出するまでの様子を描く。ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンなどの韓国人気俳優が出演したことで話題となった。また物語の信憑性についても議論を呼んだ作品である。日本での公開はされていない。

軍艦島のキャスト

ガンオク・・・ファン・ジョンミン
ソヒ・・・キム・スアン
チルソン・・・ソ・ジソブ
ムヨン・・・ソン・ジュンギ

軍艦島のスタッフ

監督・・・リュ・スンワン

軍艦島のデータ

韓国公開日:2017年7月26日

映画『軍艦島』を購入する