行動する良心、金大中

行動する良心、金大中の評価 4.5点

行動する良心、金大中のあらすじ

金大中(キム・デジュン)は何度も命の危険が及ぶことがあった。交通事故では足を怪我して瀕死の重傷を負う。時代が軍事政権で彼を擁護する者はなく刑務所に入れられ死刑囚にされたこともある。彼がここまで排除されようるようになったのは常に民主主義を求めて戦っていたからだ。民衆が国を動かし金大中は大統領になった。大統領になった彼はIT産業促進や日本文化開放などに取り組む。平壌に訪問し金正日との南北首脳会談を成功させた。

行動する良心、金大中のイントロダクション

韓国第15代大統領金大中の没後10年に制作されたドキュメンタリー映画。金大中大統領の功績が伝わってくる感動作だ。彼の偉大さがヒシヒシと伝わってきます。

行動する良心、金大中のキャスト

金 大中
イ・クミ

行動する良心、金大中のスタッフ

監督…シン・サンミン

行動する良心、金大中のデータ

韓国公開日:2019年11月28日

行動する良心、金大中の予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
金大中元大統領は南北の融和促進に力を入れ 2000年にはノーベル平和賞を受賞しました。韓国人でただ1人のノーベル賞受賞者となっています。