神と共に-因と縁

神と共に-因と縁の評価 4.0点

神と共に-因と縁の予告編

神と共に-因と縁のあらすじ

冥土の使いとしてガンリム、ヘ・ウォンメク、トクチュンがいた。彼は死者を地獄の裁判にかけ、来生へと生まれ変わらせてきた。その人数は1000年で48人。あと1人を生まれ変わらせると、今度は自分達が転生できるのであった。その最後の一人としてスホンとえん魔大王の前に連れて行く。スホンは、他の除霊がえん魔大王の前に連れて行っても転生出来ないでいた人物であった。えん魔大王は、スホンを見て簡単に転生ささせることはなかった。スホンを転生させるために、えん魔大王はある条件をガンリム達に出す。ガンリムはその条件を成し遂げるために、下界へと降りていく。

神と共に-因と縁のイントロダクション

「神と共に-因と縁」は、大ヒットとなった「神と共に-罪と罰」の続編に当たる作品。前作に引き続きハ・ジョンウ、チュ・ジフンらの演技が光る。新たに加わったマ・ドンソクの演技にも注目したい。キム・ヨンファ監督の作品。

神と共に-因と縁のキャスト

カンリム・・・ハ・ジョンウ
ヘウォンメク・・・チュ・ジフン
ドクチュン・・・キム・ヒャンギ
城主神・・・マ・ドンソク

神と共に-因と縁のスタッフ

監督・・・キム・ヨンファ

神と共に-因と縁のデータ

韓国公開日:2018年8月1日
上映時間:141分