猫の執事

猫の執事の評価 4.0点

猫の執事のあらすじ

韓国各地にのら猫を世話する人たちがいる。バイオリオン店のオーナーは猫「レッド」の世話をしていた。オーナーは暑い日は猫が夏バテしないように日陰の場所を作ってあげている。鷺梁津水産市場の商人は市場に行く時はいつも一匹の猫と一緒だ。その仲睦まじ姿は商人の友人であると思えてくる。中華料理店の店長もある日に見つけた野良猫の世話をしていた。いつもは人気メニューのジャージャー麺を配達しているが猫を飼っている人用の猫の弁当を配達している。彼らはまるで猫の執事であると言えるであろう。

猫の執事のイントロダクション

猫の世話をしている人の生活をそれぞれ追ったドキュメンタリー作品。女優イム・スジョンが猫の視点に立ってナレーション参加している。イ・フェソプ監督が春川(チュンチョン)や城南(ソンナム)、釜山(プサン)などで密着撮影を行った。

猫の執事のキャスト

イム・スジョン 
 
 

猫の執事のスタッフ

監督…イ・フェソプ

猫の執事のデータ

韓国公開日:2020年5月14日

猫の執事の予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
イ・フェソプ監督は撮影中猫が普段の生活と変わりない動きをするまで待たなければならないことがあり苦労したとのこと。作品の完成まで1年近い時間を要したそうです。