ソウル・ガーディアンズ 退魔録

ソウル・ガーディアンズ 退魔録の評価 3.1点

ソウル・ガーディアンズ 退魔録のあらすじ

カルト教団が集団自殺をするというショッキングな事件が起きる。その中の死体の妊婦から一人の少女スンヒが生まれていた。スンヒは自分が生まれた経緯を知らないまま育てられる。それから20年が経過し、スンヒも大人になっていた。20年前にカルト教団が集団自殺を図ったのは悪魔を召喚するためであったのだ。悪魔はその時に復活しようとしていたのだが失敗に終わったため、生け贄をスンヒにしようとする。パク神父は全ての事を知っている唯一の人物だ。退魔師ヒョナム、ジュンフと共にスンヒを守ろうと動き出す。

ソウル・ガーディアンズ 退魔録のイントロダクション

ネット上で話題になったカルト教団集団自殺を題材にした小説を映画化したサスペンス。ひとりの女性を生贄に狙う悪魔とそれを阻止しようとする神父の攻防を描く。主演のパク神父はベテラン俳優アン・ソンギが熱演した。公開後9日で53万人の動員を達成するという韓国映画史上最短興行記録を樹立。

ソウル・ガーディアンズ 退魔録のキャスト

パク・ユンギュ神父…アン・ソンギ   
ヒョナム…シン・ヒョンジュン  
スンヒ…チュ・サンミ   
イ記者…カク・クナ       
衛兵戦士…イ・ミナ         
ブーティー…イ・ボムス  
ミン刑事…イ・ギヨン       

ソウル・ガーディアンズ 退魔録のスタッフ

監督・・・パク・クァンチュン 
脚本・・・パク・クァンチュン 
撮影・・・パク・ヒョンチョル
音楽・・・イ・ドンジュン

ソウル・ガーディアンズ 退魔録のデータ

公開日:2000年11月4日
上映時間:98分

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
悪魔と退魔士との対決シーンは当時の映画で最も多くのコンピュータグラフィック(CG)を使っている作品です。アクションやスリラーなどの要素が作品内に満載しています。