グエムル-漢江の怪物-

グエムル-漢江の怪物-の評価 3.0点

グエムル-漢江の怪物-のあらすじ

ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河、漢江(ハンガン)。休日を、河岸でくつろいで過ごす人々が集まっていたある日、突然正体不明の巨大怪物<グエムル>が現れた!河川敷の売店で店番をしていたカンドゥの目の前で、次々と人が襲われていく。気付いた時には遅かった!カンドゥの愛娘、中学生のヒョンソがグエムルにさらわれたのだ!さらに、カンドゥの父ヒボン、弟ナミル、妹ナムジュのパク一家4人は、グエムルが保有するウィルスに感染していると疑われ政府に隔離されてしまう。しかし、カンドゥは携帯電話にヒョンソからの着信を受け、家族と共に病院を脱出、漢江へと向かう。果たして彼らはヒョンソを救えるのか?そしてグエムルを倒すことはできるのか!?
出典:Amazonビデオ/グエムル-漢江の怪物-(字幕版)

グエムル-漢江の怪物-のイントロダクション

『グエムル-漢江の怪物-』(グエムル はんがんのかいぶつ)は、2006年の韓国映画。2006年7月7日に韓国、同年9月2日に日本で公開された。2007年までに世界23カ国で公開された。韓国では観客動員1230万人と言う同国の歴代動員記録を塗り替える大ヒットとなった。日本語タイトルにある「グエムル」とは原題の괴물(怪物)をカタカナ表記したものである。
出典:wiki/グエムル-漢江の怪物-

キャスト

パク・カンドゥ・・・ソン・ガンホ
パク・ヒボン・・・ピョン・ヒボン
パク・ナミル・・・パク・ヘイル
パク・ナムジュ・・・ペ・ドゥナ
パク・ヒョンソ・・・コ・アソン

スタッフ

監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハ・ジュンウォン、ペク・チョルヒョン

のデータ

公開日:2006年5月21日
上映時間:120分

【ネタバレ注意】筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
モンスターパニック映画。のちにこの系譜に新感染とかが連なってくるのかもしれないですが、当時のものとして、予算に限りのある韓国映画としては非常によくできていたと思います。社会性もあると。好みの問題はあるしちょっと現時点で見るとちゃちいと感じる可能性もありますが、ツマラナイということはないかなとは思います。

映画『グエムル-漢江の怪物-』をYouTubeで観る(¥300〜)

映画『グエムル-漢江の怪物-』をAmazonで観る(¥300〜)

グエムル-漢江の怪物-(字幕版)
(2015-04-02)
売り上げランキング: 44,934

その他の動画サイトで観る

GYAO!ストアで観る