僕が9歳だったころ

 僕が9歳だったころの評価 3.2点

 僕が9歳だったころのあらすじ

1970年代。
9歳のヨミンは小学校でガキ大将であった。
仲間はギジョン、ヨミン、クムボクだ。
ヨミンはいつも仲間たちのことを守っていた。
ある日、ソウルから転校生の女子ウリムがやってくる。
ウリムはアメリカ育ちということもあり、とても洗練された女の子であった。
ヨミンは、ウリムのことが好きになっていく。
初めて感じる胸のときめきを、少年ヨミンはまだ理解できていなかったのである。

 僕が9歳だったころのイントロダクション

韓国で大ヒットしたベストセラー小説を映画化した。
田舎町の小学校で、少年と少女の出会いを描く。
誰もが経験した思春期特有の悩みをリアルに表現している。

僕が9歳だったころ デラックス版 [DVD]
カルチュア・パブリッシャーズ (2006-08-25)
売り上げランキング: 152,470

 僕が9歳だったころのキャスト

ペク・ヨミン…キム・ソク 
チャン・ウリム…イ・セヨン   
オ・グムボク…ナ・アヒョン     
シン・ギジョン…キム・ミョンジェ 
ヨミンの母…チョン・ソンギョン 

 僕が9歳だったころのスタッフ

監督…ユン・イノ
脚本…イ・マニ
撮影…チョン・ジョミョン

 僕が9歳だったころのデータ

公開日:2006年2月4日
上映時間:105分
配給:ジェネオンエンタテインメント

好評につき売切れです

 僕が9歳だったころをAmazonで買う

僕が9歳だったころ デラックス版 [DVD]
カルチュア・パブリッシャーズ (2006-08-25)
売り上げランキング: 152,470
好評につき売切れです