ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~の評価 3.5点

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のあらすじ

世界最高峰の山ヒマラヤ。
海抜は8,750メートル、登山者たちにはデスゾーンと呼ばれている領域だ。
登山家オム・ホンギルはヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した後、現役を引退し、山に登ることはなくなっていた。
そんな中、ホンギルの後輩であるムテクがエベレスト登山に挑戦し、雪崩に遭い、遭難してしまう。
ムテクの家族は、遺体のない悲しい葬儀をあげるしかなかったのである。
ホンギルは、後輩の遺体を見つけ、家族の元に帰すべく、「ヒューマン遠征隊」を結成し、エベレストに登ることを決意する。

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のイントロダクション

登山家オム・ホンギルの 伝説的な実話を映画化した。
キャストもヒマラヤ、モンブランでの危険なロケーション撮影を行うなど、この作品への意気込みが伺える。
臨場感溢れるリアルな映像に仕上がっている。

ヒマラヤ  地上8,000メートルの絆 [DVD]
TCエンタテインメント (2017-01-11)
売り上げランキング: 95,288

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のキャスト

オム・ホンギル…ファン・ジョンミン  
パク・ムテク…チョンウ    
イ・ドンギュ…チョ・ソンハ       
パク・チョンボク…キム・イングォン  
チョ・ミョンエ…ラ・ミラン     

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のスタッフ

監督…イ・ソックン 
脚本…スオ,ミン・ジウン
撮影…キム・テソン,ホン・スンヒョク

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~のデータ

公開日:2016年7月30日
上映時間:124分
配給:CJエンターテイメント

 デスゾーンとは?

登山用語で、人間が生存できないほど酸素濃度が低い高所の領域。
ヒマラヤ山脈の標高8,000mがこれに当たる。
酸素濃度は地上の約3分の1である。

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~をYouTubeで観る

 ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~をAmazonで買う

ヒマラヤ  地上8,000メートルの絆 [DVD]
TCエンタテインメント (2017-01-11)
売り上げランキング: 95,288