I Can Speak

 I Can Speakの評価 3.5点

 I Can Speakのあらすじ

オクプンは村で不正を行う者の証拠写真を撮り地域の区役所へいつも苦情を言いに行っていた。近所ではオクプンはちょっと変わったお婆さんとして知られている。ある日、いつものようにオクプンが区役所へ行くと赴任したばかりのミンジェが対応することになった。オクプンとミンジェは言い争いになり区役所中に声が響き渡ってしまう。だがミンジェがオクプンの話を聞いていくと英語を学びたいという。ミンジェはオクプンの頼みを聞き英語を教えていくことになる。ミンジェはなぜオクプンが英語を学びたいのかが気になっていた。オクプンが英語を学ぶ理由が慰安婦問題の提訴文をアメリカで発表するためであったことが分かる。オクプンは元慰安婦であったことにミンジェは驚く。

 I Can Speakのイントロダクション

一人の高齢女性がアメリカで慰安婦の提訴文を発表するため英語を学んでいく。「元慰安婦シナリオ企画案公募展」の中から選抜されたストーリーが映画化された。主人公の元慰安婦女性をナ・ムニが演じた。共演はイ・ジェフン。

 I Can Speakのキャスト

オクプン…ナ・ムニ
ミンジェ…イ・ジェフン

 I Can Speakのスタッフ

監督…キム・ヒョンソク

 I Can Speakのデータ

韓国公開日:2017年9月21日
上映時間:119分

 I Can Speakの予告編

ライター新村のちょっと一言

区役所へ地域の苦情を言いにいく迷惑おばさんが慰安婦だったことが分かります。CJ文化財団が主管し女性家族部の後援で作られた映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA