102番目の雲

 102番目の雲の評価 3.5点

 102番目の雲のあらすじ

韓国映画の巨匠と言われているイム・クォンテク監督。イム監督はこれまで101作の作品を輩出してきた。101作品目を公開してから次の作品のアイデアがなかなか浮かばず5年が経過している。2012年になりイム監督は102作目『火葬/化粧』の撮影を開始する。『火葬/化粧』は俳優アン・ソンギ、キム・ホジョンという名のある役者が参加している。これまでのブランクを感じさせないかのように次々とスタッフに指示を出していくイム監督がいた。

 102番目の雲のイントロダクション

イム・クォンテク監督の102作目『火葬/化粧』の撮影裏を追ったドキュメンタリー作品。新作に打ち込むイム監督の表情を中心に撮影され緊張感が伝わってくる作品である。撮影中にみせるイム監督の鋭い眼光は少しも衰えてはいない。

 102番目の雲のキャスト

イム・クォンテク…イム・クォンテク

 102番目の雲のスタッフ

監督… チョン・ソンイル

 102番目の雲のデータ

韓国公開日:2019年12月26日

 102番目の雲の予告編

ライター新村のちょっと一言

韓国映画界の名監督の一人であるイム・クォンテク監督の素顔に迫っています。映画制作の裏にたずさわる人の思いが感じ取れる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA