韓国映画女優パク・ソルミ出演映画まとめ

パク・ソルミは、2002年に放送されたドラマ『冬のソナタ』でチエ・ジウと対立する恋敵を演じたことで注目を集めた女優だ。このドラマをきっかけに、彼女の知名度が上がりドラマや映画のオファーが舞い込むようになる。意地悪役と言えば、パク・ソルミといったイメージが浸透した。映画デビューは、2004年『風の伝説』。そんなパク・ソルミが出演した映画を紹介します。

1.The Phone(2009年)


無くした携帯電話から始まる脅迫。地獄のような時間を過ごすことになるマネージャーの話。オムテウンが女優を守る真摯なマネージャー役を熱演する。


【あらすじ】マネージャーのスンミンは私生活を犠牲にして、女優ジナの売り込みに精力を注いできた。ある日、スンミンの成果が実を結び、ジナの大型CM契約が目前となる。スンミンの携帯に、ジナのボーイフレンドユノからジナとのセックス動画が送られてくる。しかもこの動画を買えと金銭を要求されるスンミン。金は払うまいと決めていたスンミンであったが、自身の携帯をなくしていることに気づき焦る。その後、スンミンの携帯を拾った男イギュから電話がかかってくるのであった。

The Phone [DVD]
The Phone [DVD]

posted with amazlet at 19.01.06
E-MOTION (2012-11-26)
売り上げランキング: 160,900

2.風の伝説(2004年)


人生をダンスに捧げる男女を描く。韓国版「Shall Weダンス?」という呼び声が高い映画。パク・チョンウ監督のデビュー作。パク・ソルミが華麗なダンスを披露している。

風の伝説 [DVD]
風の伝説 [DVD]

posted with amazlet at 19.01.06
ジェネオン エンタテインメント (2006-08-25)
売り上げランキング: 215,118

【あらすじ】ソウル警察署は、詐欺師プンシクを捕まえることに躍起になっていた。プンシクが入院しているという情報をつかんだ警察は、女刑事ヨンファに身辺捜査を命じる。ヨンファは患者になりすまして、プンシクが入院している病院で、彼に近づく。プンシクに近づいたヨンファは、ダンスにかける情熱を聞くことになる。なぜかヨンファは、プンシクからダンスを教わることになっていくのであった。しかも、プンシクのダンスにかける情熱に共感していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA