韓国女優チョン・ソミン出演作品まとめ

韓国女優チョン・ソミンは2010年に放送されたテレビドラマ『赤と黒』で芸能界デビューしました。映画デビューは2009年『最悪の友達』になります。広告モデルにも抜擢されているチョン・ソミン。これまでに出演した映画作品をまとめて紹介します。

二十歳

20歳の男子たちの青春の日々をコミカル・ユーモアに描く。ちょっとおバカ全開の3人の男子が笑いを誘う。韓国では、公開後300万人を突破したヒット作品。

【あらすじ】ドンウ、チホ、ギョンジェの3人は固い友情で結ばれた親友だ。そんな3人も20歳になり、未成年の男から大人の男になると決意する。ドンウは浪人生、チホは親のスネをかじり、ギョンジェは名門大学に進学した。ある日、チホは新人女優チホと出会い映画の撮影現場に興味を持つ。

アリス:ワンダーランドから来た少年

悪夢に悩まされる女性が記憶をたどり不思議な経験をするストーリー。ホ・ウニ監督によってミステリアスな雰囲気が支配する作品に仕上がっている。ホン・ジョンヒョン、チョン・ソミン、チョン・ヨンジュの3人の息がピッタリ合った演技に注目だ。

【あらすじ】ヘジュンは悪夢ばかり見ることに悩んでいた。しかもヘジュンは幼少期の出来事が全く思い出せないでいる。不安を抱えながらヘジュンが過ごしていると幻覚や幻聴にも苦しめられるようになった。困り果てたヘジュンは巫女に相談に行く。巫女はヘジュンにかつての記憶をだとるようにいう。ヘジュンは24年前に家族と訪れたことがある別荘へ行ってみる。別荘は「ワンダーランドペンション」となっていた。ヘジュンは白いウサギが籠の中にいるのを見つける。そこには少年ファンと女性スリョンがいた。ファンはヘジュンが来るのを待っていたという。

色男ホ・セク

女性をいとも簡単に虜にさせてきた男妓生(キーセン)が初めて恋に落ちる歴史ドラマ。人気グループ「2PM」のジュノが主演を務めた作品。彼にとって兵役前に出演する最後の映画である。ヒロイン役には映画『二十歳』の熱演が注目されたチョン・ソミン。

【あらすじ】朝鮮時代、青年ホ・セクは叔母が借金取りに追われていて妓房(キバン)の経営が悪化していることを知る。セクは叔母に「新しいことを始めてみては?」と提案するのであった。それは発想を変えて女たち相手に商売をしようというのである。幸いセクは容姿端麗であっという間に女性を虜にさせてしまう話術を持っている。セクは朝鮮で初の男性妓生(キーセン)になるとを決める。相棒ユッカブにビラを撒いてもらい、セクの店は女性たちで溢れかえった。ある日、セクはヘウォンという名の女性と会う。ところが、セクがいくら色気を使ってもヘウォンはなびかないのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA