無垢なる証人

無垢なる証人の予告編

無垢なる証人の評価 4.3点

無垢なる証人のあらすじ

ある日、一人の家政婦が殺人事件の容疑者として逮捕される。取り調べで彼女は「自分は殺していない」と話す。しかし、検察は家政婦が殺したと主張。そんな中、この家政婦の弁護をすることになった弁護士のスノ。スノはこの事件で無罪を立証すると自身が出世できることになっていた。

事件を調べていくと、一人の目撃者がいることが分かる。事件の目撃者は自閉症の少女ジウであった。スノは事件のことを聞こうとジウに会いにいくが、会話すらままならない。ジウは自分だけの世界に入り込み、なかなか心を開いてくれない。だが、スノは彼女の心を開かせようと努力する。そんなスノの努力が実り、ついにスノが「証人になりたい」と言ってくれたのであった。

無垢なる証人のイントロダクション

『私の頭の中の消しゴム』などの代表作で知られるチョン・ウソンが主役の弁護士役を務め、ある事件の目撃者となった自閉症の少女との交流を描くヒューマンドラマ。映画のキーパーソンとなる自閉症の少女を若手女優のキム・ヒャンギが演じている。『戦場のメロディ』などのヒット作品があるイ・ハン監督が手掛けた。韓国では公開後230万人突破の大ヒットとなった。

無垢なる証人のキャスト

ヤン・スノ…チョン・ウソン 
イム・ジウ…キム・ヒャンギ 
イ・ヒジュン…イ・ギュヒョン 
オ・ミラン…ヨム・ヘラン
ヒョンジョン…チャン・ヨンナム  
イ・ビョンウ…チョン・ウォンジュン 
キム・マノ…キム・ジョンス    

無垢なる証人のスタッフ

監督・・・イ・ハン
脚本・・・ムン・ジウォン
撮影・・・イ・テユン
音楽・・・チョ・ヨンウク

無垢なる証人のデータ

公開日:2020年1月24日
上映時間:129分

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
作品の出演者の演技が光るヒューマンドラマです。よくありがちな法廷ドラマとは異なる見ごたえ十分のストーリーとなっています。主演のチョン・ウソンはこの作品で韓国映画界のアカデミー賞と言われる「第40回 青龍映画賞画賞」で男優主演賞を受賞しました。

映画『無垢なる証人』を楽天市場で買う(¥3,846〜)

好評につき売切れです