水の上の一夜

水の上の一夜の評価 3.3点

水の上の一夜のあらすじ

ソンハはカナダの投資会社でトップディーラーとして成功していた。外国社会での差別と偏見にも負けずソンハは本能的な投資感覚を発揮していく。ところが、ある案件で無理な投資がたたり失敗し会社に損失を出してしまう。ソンハは解雇通知を受け失意にくれる。目の前が真っ暗になるソンハ、立ち寄った地下鉄の駅で娼婦・フィービーと出会う。フィービーと意気投合したソンハは一夜を共にする。ソンハはフィービーが幼い頃から性的虐待を受け心に傷を負っていることを知る。そんな傷ついたフィービーをソンハは愛するようになる。

水の上の一夜のイントロダクション

会社を解雇されたトップディーラーと娼婦の偶然の出会いから始まる官能ストーリー。イ・スンヒの韓国内初となるスクリーンデビュー作品である。刺激の多いシーンがありイ・スンヒ症候群が起こったほど。カン・ジョン監督が2人の愛を濃密に描いている。

水の上の一夜のキャスト

フィービー…イ・スンヒ  
ペク・ソンハ…ユ・ジハ  
叔母…ユン・ヒジョン  

水の上の一夜のスタッフ

監督・・・カン・ジョンス
脚本・・・カン・ジョンス
撮影・・・シン・オッキョン
音楽・・・ク・フン

水の上の一夜のデータ

韓国公開日:1998年5月30日
上映時間:100分

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
アメリカの「プレイボーイ」の表紙を飾った経験もあるイ・スンヒ。彼女のスタイルの良さが際立っている作品です。ユ・ジハが相手役を務めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA