我は神なり

我は神なりの評価 3.8点

我は神なりのあらすじ

田舎の小さな村はダム建設予定地が決まり将来はなくなってしまうことになっている。ある日、村を離れていたキム・ミンチョルが帰ってきた。ミンチョルが村に戻ると、住民たちの様子が以前と変わっていることに気付く。住民たちはいつの間にか建てられた教会に足繁く通うようになり牧師ソン・チョルの言うことを信じ切っている。ソンが言う怪しげな水も何の疑いもなく買ってしまっていた。そんな中、ミンチョルは教会の長老チェ・ギョンソクが詐欺犯として指名手配されているのを見る。教会関係者が詐欺集団だと分かったミンチョルは村人に知らせるが彼の言うことを誰も信じない。反対にミンチョルは村人から“悪魔に憑りつかれた男”だと呼ばれるようになってしまう。

我は神なりのイントロダクション

小さな村の住民が教会の牧師をカリスマと崇めていた。一人の男が真実を暴こうとして奮闘する様子が描かれている。ヒット映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を輩出したヨン・サンホ監督が手掛けた作品。信仰というタブーといわれるジャンルを取扱っている。

我は神なりのキャスト

ミンチョル…ヤン・イクチュン 
ギョンソク…クォン・ヘヒョ 
チョルウ…オ・ジョンセ       
ヨンソン…パク・ヒボン  

我は神なりのスタッフ

監督…ヨン・サンホ
脚本…ヨン・サンホ

我は神なりのデータ

公開日:2017年10月21日
上映時間:101分
配給:ブロードウェイ

我は神なりの予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
閉鎖的な村で怪しげな宗教を信じてしまう怖さがあります。救いとは何なのかを観客に問いかけているような気もする作品です。悪魔はその人間の弱さにこそ住み着いているのかも知れません。