妻を殺した

 妻を殺したの評価 3.8点

 妻を殺したのあらすじ

ジョンホは友人と酒を飲み家で眠ってしまっていた。翌朝、ジョンホの部屋から別居中の妻ミヨンが血だらけで殺されているのが発見される。警察は現場検証を行いジョンホの血痕と血が付いた刃物を押収。ジョンホを妻殺しの容疑者として指名手配する。容疑者となったジョンホは警察の手から逃れるため逃避行を開始。昨夜の記憶を思い出そうとするが酔っていたため全く思い出せない。ただ一つ言えることは妻を殺していないということだけ。このままでは罪を全部被せられてしまうと感じたジョンホは昨日歩いた道をたどっていく。

 妻を殺したのイントロダクション

『妻を殺した』は、ポータルサイトで連載され人気を得ていたウェブ漫画を原作にし映画化された。主演の殺人犯にされてしまった男を俳優のイ・シオンが演じ、女優ワン・ジヘが共演した。予測不能なストーリー展開が話題だ。

 妻を殺したのキャスト

ジョンホ…イ・シオン
チョン・ミヨン…ワン・ジヘ

 妻を殺したのスタッフ

監督…キム・ハラ

 妻を殺したのデータ

韓国公開日:2019年12月11日
上映時間:97分

 妻を殺したの予告編

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
イ・シオンにとって10年ぶりの主演映画となります。今回主演に抜擢されたことについてかなりのプレッシャーだったとのこと。選んでくれたキム・ハラ監督に感謝しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA