俗物たち

 俗物たちの評価 3.3点

 俗物たちのあらすじ

美術家のソン・ウジョンは業界ではその名が知れ渡っている存在だ。ウジョンが描く作品はどれも盗作ばかりなのであった。パクりの名人と言われていることについても全く気にしている様子はない。ウジョンは盗作も自分の芸術作品に違いないと言い少しも悪びれている様子はなかった。だが盗作された画家たちはたまったものではない。ウジョンは毎日のように訴訟を起こされている始末。訴えられても受けて立つという姿勢で反省している素振りはない。ある日、ウジョンはソ・ジノという男性と知り合う。ウジョンはジノと関係を結ぶ間柄になる。

 俗物たちのイントロダクション

盗作を平然と行う一人の美術家が起こす物語を描く。主人公の美術家をユ・ダインが演じた。シム・ヒソプ、ソン・ジェリム、オク・チャヨン、ユ・ジェミョンらが共演し作品を盛り上げている。

 俗物たちのキャスト

ソン・ウジョン…ユ・ダイン

 俗物たちのスタッフ

監督…シン・アガ、イ・サンチョル

 俗物たちのデータ

韓国公開日:2019年12月12日

 俗物たちの予告編

ライター新村のちょっと一言

パクり上等的な強い意志を持った女性美術家に焦点を当てています。美術界に一席を投じている作品と言えるでしょう。過激なシーンがありますので15才以上観覧可となっています。