ポーランドへ行った子どもたち

ポーランドへ行った子どもたちの評価 4.2点

ポーランドへ行った子どもたちのあらすじ

1951年、朝鮮戦争は激しさを増していた。北朝鮮内では親を失った孤児たちで溢れるようになっている。このような戦争孤児を北朝鮮は密かにポーランドへ送る。ポーランドへ送られた孤児は孤児院で生活をするようになった。孤児を受け入れたポーランド教師は分け隔てなく自分の子のように育てる。孤児たちはポーランドという異国での生活にも慣れ伸び伸びと過ごす。朝鮮戦争休戦後、孤児たちは祖国を北朝鮮に戻される。北朝鮮に戻された孤児たちの行方は分からないままとなってしまい教師達は途方に暮れる。

ポーランドへ行った子どもたちのイントロダクション

朝鮮戦争時にポーランドへ送られた戦争孤児とその世話をしたポーランド教師に焦点を当てる。戦争期間中に約1200人以上の孤児たちがポーランドに渡った。チュ・サンミ監督が歴史の闇に埋もれた真実を追う。

ポーランドへ行った子どもたちのキャスト

チュ・サンミ
イ・ソン

ポーランドへ行った子どもたちのスタッフ

監督…チュ・サンミ

ポーランドへ行った子どもたちのデータ

韓国公開日:2018年10月31日
上映時間:78分

ポーランドへ行った子どもたちの予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
北朝鮮の戦争孤児は1951年から1959年までポーランドで生活しました。1959年には全員が北朝鮮に連れ戻されたそうです。その後の連絡手段がなくなったという事実が悲しいですね。