ソウル・ステーション パンデミック

ソウル・ステーション パンデミックの評価 3.0点

ソウル・ステーション パンデミックのあらすじ

風俗嬢ヘスンは店から逃げ出したいと思っていた。店から逃げて恋人キウンと一緒に住んで幸せになりたいと考えていたのだ。ヘスンはキウンに自分の考えを話すと、彼は店を辞めるなという。キウンはヘスンが体を売って得る金を当てにしていたのである。ヘスンはキウンと口論になりソウルの街を彷徨う。その頃、ソウル駅で死んだはずのホームレスがゾンビとなって生き返り人を次々と襲っていた。しかも襲われた人がゾンビとなって次の人を襲っていくのである。パニックが起きていることを知ったキウンはヘスンを捜しに出かけるのであった。

ソウル・ステーション パンデミックのイントロダクション

ソウル駅でゾンビが現れ人を襲いまくる様子を描いたパンデミックアニメ映画。『新感染 ファイナル・エクスプレス』のヨン・サンホ監督が制作した注目作品である。シム・ウンギョン、リュ・スンリョンらの人気俳優陣が声の出演をしている。

ソウル・ステーション パンデミックのキャスト

ヘスン…シム・ウンギョン
ヘスンの父…リュ・スンリョン  
キウン…イ・ジュン      

ソウル・ステーション パンデミックのスタッフ

監督…ヨン・サンホ
脚本…ヨン・サンホ 
音楽…チャン・ヨンギュ

ソウル・ステーション パンデミックのデータ

公開日:2017年9月30日
上映時間:92分

ソウル・ステーション パンデミックの予告編

ライター新村のちょっと一言

ライター新村
ライター新村
今作はヨン・サンホ監督長編アニメ映画デビューとなる作品です。監督の得意とする感染爆発をアニメーションでも巧みにその恐怖を伝えています。