スウィング・キッズ

スウィング・キッズの予告編

スウィング・キッズの評価 4.1点

スウィング・キッズのあらすじ

朝鮮戦争が行われている1951年、巨済(コジェ)捕虜収容所があった。収容されているのは北朝鮮や中国人の捕虜たち。ロバーツ所長は収容所のマイナスイメージを払拭するため戦争捕虜たちでダンスチームを作ろうとする。東洋人がアメリカのタップダンスをするのは無理という声にも耳を貸さない。ある日、朝鮮人民軍の問題児ロ・ギスは米軍兵士がタップダンスを踊っている様子を見て胸を踊らせる。ダンスチームのメンバーに選ばれたのはギス、パンネ、ビョンサム、シャオパン、ジャクソン。リーダーの黒人下士官ジャクソンは元ブロードウェイのタップダンサーであった。ジャクソンの教えによって少しずつタップダンスを覚えていくギスたち。「スウィング・キッズ」というチーム名を付け収容所のクリスマスパーティーでのデビュー公演が近づいてきていた。

スウィング・キッズのイントロダクション

収容所で戦争捕虜たちによって結成されたダンスチームが絆を深めていく姿を感動的に描いている。人気K-POPグループ「EXO」が主人公の朝鮮人民軍ロ・ギス役を熱演。D.O.は今作の重要パートであるタップダンスシーンの習得に約5ヶ月間の猛特訓を行った。公開わずか9日で観客動員100万人を記録し『サニー 永遠の仲間たち』を手掛けたカン・ヒョンチョル監督のヒット作。

スウィング・キッズのキャスト

ロ・ギス…D.O.(EXO)
ジャクソン…ジャレッド・グライムス 
ヤン・パンネ…パク・ヘス 
シャオパン…キム・ミノ
ジョンセ…カン・ジョンナム 

スウィング・キッズのスタッフ

監督・・・カン・ヒョンチョル
脚本・・・カン・ヒョンチョル
音楽・・・キム・ジュンソク

スウィング・キッズのデータ

公開日:2020年2月21日
上映時間:133分

筆者セブランスのちょっと一言

セブランス
セブランス
スウィング・キッズのリーダーであるジャクソンを演じたのは俳優のジャレッド・グライムス。彼はバラク・オバマ元アメリカ大統領のための公演でメインダンサーを務めた経歴があります。