おばあちゃんは1年生

 おばあちゃんは1年生の評価 3.2点

 おばあちゃんは1年生のあらすじ

オ・ナンイおばあちゃんはソウルで働く息子を事故で突然亡くしてしまう。息子の職場の同僚が7歳の娘ドンイを連れてやって来る。ドンイは息子が生前引き取っていた子であるという。いきなり娘を引き取れといわれて困惑するナンイおばあちゃん。渋々ドンイと共同生活を始めることにした。残された息子の手紙を読もうとするが、ナンイおばあちゃんは字を読むことができない。ドンイにハングルを教えてもらい、少しずつ文字を覚えていく。だがドンイは小学1年生なので全部のハングル文字を教えることができなかった。これではいつまで経っても息子の手紙を読むことができないと感じたナンイおばあちゃんは町の小学校1年生として通うことを決意する。

 おばあちゃんは1年生のイントロダクション

70歳のおばあちゃんが亡くなった息子の手紙を読むためハングル文字を習得すべく小学校に入学し奮闘する様子を描く。主演のおばあちゃん役はキム・ジングが熱演した。共演の孫娘役はシン・チェヨンで息の合った演技を披露している。

 おばあちゃんは1年生のキャスト

ナンイおばあちゃん…キム・ジング
ドンイ…シン・チェヨン

 おばあちゃんは1年生のスタッフ

監督…チン・グァンギョ

 おばあちゃんは1年生のデータ

韓国公開日:2012年5月24日
上映時間:102分

 おばあちゃんは1年生の予告編

ライター新村のちょっと一言

70年間ハングル文字が読めなかったおばあちゃんが習得すべくがんばる姿に共感が持てます。小学校に入学して勉強している姿は見ているだけで応援したくなるほどです。